muraran’s blog

HSS型HSPについて

「繊細な女性のための大胆な働き方」を読んで

「繊細な女性のための大胆な働き方」

繊細な=HSP と思って読んだら、違った。男女平等といいながら、なぜ組織のトップに女性はいないか、枷を取り払ってやりたいことをやる方法が書いてあった。

学校教育が、優等生キャラを作り出す。完璧主義者、先生一人が正しい=正解のある、だが現実には皆其々立場があって正しいし、答えは一つだけじゃない、女性は家庭的にも、社会的にも(言葉から)、playing smallとなりがちだが、playing big とするべきだ。

 

完璧にやろうと、準備を万端にして、やるよりも、実際に沿って小さいスタートからやるべきだ。すると実現可能性が途端に高まる。

 

人からどう思われるかではなく、自分がやりたいと思うことをやる。

 

本だったら、何年もかけて本一冊書くよりも、一章でいいからかきあげて、ターゲット読者のフィードバックをもらう。すると実現可能性がずっと高まる。

 

天職をしている間、充足感を感じてる。頼まれなくてもやってしまうこと。

メンタリストDaigoのHPSのメリットを聞いて

DAIGO HSPのメリット 仕事において

1.小さな変化に気づける。正解に早くたどり着くのが早い。

2.共感能力が高い。大きな問題になる前に、気付ける。

小さな対立を気づける。マネジメントに向いてる。

3.能力が高く勤勉。クオリティーが高い。細部と全体を両方見れる。着想がある。

4.イノベーション起こせる

 

HSPの生き方

ストレスケアする。(耳栓とか)

睡眠をしっかりとる。

HSPは魔法使いなのだから、スライムと戦わない。

HSS型HSPとは?

 

自分がHSS型HSPということが判明した。

今まで自分はどちらかといえば、ガサツな方かなと思っていたが、テストを受けるとHSS型HPS見事に当てはまる。

これまで感じていた生きづらさが、解明さらた気がした。

 

今コロナで失業して、次の仕事が決まらない。

そういう中でいろいろ内面を見つめ直す意味で、いろいろ読んだり見たりしていたところに、繊細さんということに目に止まった。

 

f:id:muraran:20201123220425p:plain

今後の仕事を考えるうけで、もう事務職というのは合わないなと自分でも感じていた。

 

自分が主体になってできる仕事、フリーランスの方が向いていると思う。

 

生活のために、給与所得者として働くとして定収入がある生活を求めていたが、同じ場所に通い、同じ仕事を毎日する、同じ顔ぶれの人間関係、というのに疲れてしまうのだ。

 

そうじゃない仕事を見つけた方が良い。

 

 

早くこの気質に気づければよかった。

HSP、繊細さんという言葉が去年辺りから流行っていたが、自分には当てはまらないと思って注意を向けてなかった。

しかしHSPの中のHSS型に見事に当てはまる。人口の6%がHSS型HSPなのだそうだ。

刺激追求型のHSP

 

正社員の職をやめ、アメリカ行ってしまったりしたのも、この刺激追求型HSPという気質のせいだっただ。これまで長く続いた職は4年位、1年位やってると飽きてくる。

ヒエラルキーが苦手。自由が好き。

毎日同じ人と、というか嫌いな人もいる職場で働くということが耐えられない。

仕事自体は好きなんだけど、そういう職場環境とか満員電車とかが嫌いで耐えられない。この辺はHSPらしいな。

 

通勤も苦手。

地下鉄の音が大きすぎる、ヘッドフォンしてててもまだ音が入ってるから、よほど大きな音がでてるんだと思う。

それに駅やオフィス街に人が多すぎる、こういうのが苦手なんだよね。

 

もうサラリーマンは無理。派遣労働者は無理だと悟った私。

 

かといって無収入でも困るし。

アフェリエイトとかかな。

 

HSS型HSPの人に相応しい仕事を〜。

 

自分で仕事を作るというのが、正解の答えだと思う。

メンタリストDaigoの放送とか聞いているけど、数年前までメンタリストとう職業はなかった。だけどDaigoは、スマホ一つで放送を初めて何億円ビジネスにしたと。

 

言うは易し、今無収入だから、現金が入ってくるまで何らかのマネタイズが必要だし・・・。

 

早くベーシック・インカムとか導入してほしいよ。しかしともかく、今現在BIはないから、自分で何とかするしかない。

親も高齢で、年金生活、病気がちで経済的には頼れないし。何より自分がもういい年だし。ちゃんと教育の土台もある人間なんだから、一人分位の食い扶持稼げれはずなのに。